滞在して楽しむ南陽-南陽でLet'sパワーチャージ-

南陽市雇用創造協議会 Tel 0238-43-4552 / Fax 0238-49-7346

「美味しい」を食す

市内のかき氷を巡る

暑い日が続くと、かき氷を食べたくなりませんか?

市内には、夏季限定でかき氷を提供するお店があります。

今回は、夏の定番『かき氷』を紹介したいと思います。

 

 

まずは、かき氷の歴史をご存じでしょうか?

日本におけるかき氷の歴史は意外と古く、千年以上も時代をさかのぼります。かき氷について言及している史実上、最も古い記録はなんとあの有名な『枕草子』だそうです。

枕草子の中に、「削り氷(けずりひ)にあまづら入れて、新しき金まりに入れたる」 という一節があります。これは、刃物で削った氷にあまづら(甘味料)をかけて、金まり(金属製のおわん)に入れた、という意味です。
冷蔵庫などのない時代、夏の氷は貴重品で、かき氷は特権階級の人しか食べられない特別なものでした。

 

 

夏の風物詩のかき氷と言えば、お祭りの屋台や夏の甘味喫茶、自宅のかき氷機で作るシャリシャリとした食感のイメージですが、現在は、ふわふわとした食感のかき氷が多く見られるようになりました。

カラフルな色のシロップではなく、具材感や果汁感があるシロップをかけたことで、一躍話題となり人気が出ました。

ふわふわかき氷に特徴のある濃厚シロップは非常に写真映えもする逸品です。

 

 

 

市内の夏季限定で提供しているお店をご紹介をいたします。

 

【赤湯地区】

菓子工房 白いくも(南陽バイパス店)

 

●いちごミルク

 

ミルクが中に隠れています。初めはイチゴを楽しみ、次はミルクと一緒に2度楽しめます。

 

●ショコラシェイブ (チョコレートのかき氷)

 

 

かき氷とシェイク、チョコかき氷の3層仕立です。想像より甘さ控えめで、何杯でも食べられそうです。

 

 

店内の様子

 

<菓子工房 白いくも 南陽バイパス店>

住所:〒999-2211 山形県南陽市赤湯2857-1

TEL:0238-43-8988

営業時間:10:00~20:00

定休日:年中無休(不定休あり)

備考:8月いっぱいは販売予定

 

 

お食事処 六ちゃん食堂

●いちごミルク

 

昔懐かしい味のかき氷で、下には練乳がたっぷり入っています。

 

●ブルーハワイミルク

 

ソーダ味のかき氷で、さっぱりしています。きれいなブルーで見た目にも涼しく、ミルクと混ぜると色合いも綺麗です。

 

 

店内の様子

 

 

 

<お食事処 六ちゃん食堂>

住所:〒999-2211 山形県南陽市赤湯503

TEL:0238-43-3048

営業時間:11:30~14:00 / 19:30~1:00

定休日:火曜日

備考:赤湯温泉ふるさと祭り(9月14、15日)まで販売予定

 

 

 

【沖郷地区】

菓匠 萬菊屋

●いちごミルク

 

ふわっふわのかき氷です。イチゴのフレッシュな甘さを感じる一品です。

 

店内の様子

 

 

 

<菓匠 萬菊屋>

住所:〒999-2262 山形県南陽市若狭郷屋728-1

TEL:0238-43-2066

営業時間:9:00~19:00

定休日:月、火

備考:8月いっぱいは販売予定(なくなり次第終了、限定かき氷もあり)

 

 

 

【宮内地区】

 icho cafe
 ●いちごミルク

 

いちごの果肉をとても感じ、まるでいちごを食べているかのような錯覚を起こすかき氷です。

 

 

店内の様子

 

 

 

<icho cafe>

住所:〒992-0472 山形県南陽市宮内3707-1

TEL:080-5734-0909

営業時間:11:00~17:30

定休日:火曜日

備考:8月いっぱいは販売予定

 

 

 

お菓子のアトリエ Alice

●いちごミルク

 

いちごの素材を生かしたかき氷です。甘酸っぱさを感じミルクとの相性はばっちりです。

 

●信玄もち

 

きな粉と黒蜜、そしてあんこの甘さが絶妙な一品です。求肥がかき氷の中にも隠れています。

 

店内の様子

 

 

<お菓子のアトリエ Alice>

住所:〒992-0472 山形県南陽市宮内4575-1

TEL:0238-47-2255

営業時間:9:00~19:00

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

備考:8月いっぱいは販売

 

 

 

熊野大社 證誠殿

●シナノパープルミルク

 

生シロップを使用しているかき氷です。ぶどうの素材を活かしているのでとても濃厚です。ミルクと混ぜてもスッキリとした味わいです。

 

●抹茶ミルク

 

長野県の抹茶を使用している生シロップのかき氷です。口の中で抹茶の風味が漂うのでお抹茶を飲んでいるようです。苦みは感じないのでお子様も食べれると思います。

 

お土産コーナー

 

喫茶コーナー

<熊野大社 證誠殿>

住所:〒992-0472 山形県南陽市宮内3476-1

TEL:0238-47-2172

営業時間:9:00~18:00

定休日:年中無休

シロップが売り切れている場合があるのでお問い合わせください。

 

 

 

 

 

今回、紹介したメニュー以外にもマンゴーや抹茶などもあります。

この夏、南陽市で自分好みの『かき氷』を見つけてみてはいかがでしょうか?

back to top