滞在して楽しむ南陽-南陽でLet'sパワーチャージ-

南陽市雇用創造協議会 Tel 0238-43-4552 / Fax 0238-49-7346

「美味しい」を食す

沖郷満腹紀行

南陽市は、赤湯・漆山・沖郷・金山・中川・宮内・吉野・梨郷の8つの地区があります。

最後は市指定無形民俗文化財でもある鍋田念仏踊りが今も踊り継がれている沖郷地区を紹介したいと思います。

 

 

沖郷の鍋田地区には、1773(安永2)年の干ばつ時、米沢藩9代藩主の上杉鷹山が奨励した雨乞いで雨が降り、感謝の気持ちを込めて踊ったのが始まりとされる『念仏踊り』が今も踊り継がれています。毎年4月15日に行われる大符神社の例祭で、この鍋田の念仏踊りが奉納されます。雨を願うスローな動作の「道行き(みちゆき)」と、威勢よく雨の喜びを表現する「いれは」があります。

 

市指定無形民俗文化材の念仏踊りです。

 

 

 

 

念仏踊りだけではなく沖郷地区には、美味しい飲食店が沢山あります。

まずは、南陽市役所周辺を散策し美味しいお店を見つけたいと思います。

 

南陽市役所を出て目の前の信号を渡るとすぐ和菓子の『菓匠 萬菊屋』・洋菓子の『510Maison de CinQ-dix(メゾン・ド・サンクディス)』があります。昨年11月にリニューアルオープンし、美味しい和菓子と洋菓子が楽しめます。

 

菓匠 萬菊屋・510Maison de CinQ-dix(メゾン・ド・サンクディス)の外観です。

 

 

いちごティラミスです。

 

 

お土産でも喜ばれる「冬限定のなんじょだべ」と「レモンケーキ」です。

 

あんびんや胡麻最中もとっても美味しいです。

 

 

【菓匠 萬菊屋】

【510Maison de CinQ-dix(メゾン・ド・サンクディス)】

営業時間  9:00~19:00

定休日   月・火曜日

住 所   南陽市若狭郷屋728‐1

電 話   0238-43-2066

 

 

 

 

続いては、市役所から出て国道399号を宮内方面に徒歩約7分(500m)のカレーが美味しい『カレーや ぽん太』です。

 

この道を真っ直ぐ進みます。

 

 

カレーや ぽん太の外観です。

 

 

早速、店内へ。

日替わりランチが売り切れていたため、今回はオムレツカレーとぽん太カレーを注文しました。

 

オムレツカレーは、ふわっふわのオムレツとビーフカレーが味わえます。

 

ぽん太カレーはポークカレーとビーフカレーどちらも楽しめることができます。

 

メニュー表の中には、お店の情報もあります。

 

金曜日はレディースデーなので、女性はプチデザートがサービスです。

 

 

野菜の甘みを感じさせるカレーでした。テイクアウトもおこなっているそうです。

 

 

【カレーや ぽん太】

営業時間  11:00~15:00

定休日   水曜日

住 所   南陽市蒲生田654-7

電 話   0238-50-3668

 

 

 

 

もう少し足を延ばしてみましょう。カレーやぽん太を出て、宮内方面に向かいます。徒歩約15分(1.5㌔)でそば・むぎきりが楽しめる『北条』に到着です。

むぎきりとは、庄内地方では古くから食べられていたそうで、小麦粉を練って作られた麺のことだそうです。

うどんより細くてつるつるとした舌ざわりですが、コシが強く、もちもちとした弾力があります。

 

北条の外観です。

 

お漬物をサービスしていただきました。

 

見た目はツヤツヤしており、モチモチとした食感です。

 

角煮つけむぎきりです。(そば・むぎきりのどちらかを選べます。)

 

【冬季限定】海鮮とまとむぎきりです。(そば・むぎきりのどちらかを選べます。)

 

メニュー表の中には、北条の情報が記載されています。

 

 

【北条】

営業時間  11:00~15:00/17:00~20:00

定休日   月曜日

住 所   南陽市蒲生田1410-1

電 話   0238-45-3456

 

 

 

 

 

次は、反対方向に歩いてみましょう。南陽市役所を出て、国道399号を赤湯方面に向かい徒歩約2分ほどで到着の『IL LEGARE(イル レガーレ)』です。

こちらのお店は、トレーラーハウスでイタリアンをいただくことができます。

 

イル レガーレの外観です。

 

 

前菜・本日のパスタ・自家製フォカッチャ・本日のドルチェ・コーヒーor紅茶のコースを注文しました。

本日のパスタ・ドルチェを3種類から選びます。本日パスタ・ドルチェは季節により変わりますので、お店に行ってからのお楽しみです。

 

前菜です。

 

舟形町のマッシュルームを使用したクリームパスタです。

 

自家製フォカッチャです。

 

本日のドルチェは、モンブランを選びました。

 

 

どれも美味しく、また違う季節に是非行ってみたくなるお店です。

 

【IL LEGARE(イル レガーレ)】

営業時間  11:30~14:00/18:00~21:00(ラストオーダー20:30)

定休日   月曜日、日曜日ディナー

住 所   南陽市若狭郷屋506-2

電 話   0238-20-6282

 

 

 

 

 

もう1軒洋食のお店に行ってみましょう。

南陽市役所から車で約10分で『欧風レストラン 西洋葡萄』に到着です。

米沢牛を使用したビーフシチューやコース料理、ランチが楽しめます。

 

欧風レストラン 西洋葡萄の外観です。

 

日替わりランチの一例です。

 

日替わりランチの一例です。

 

デザートも日替わりです。

 

日替わりのデザートです。

 

 

少し中心部から離れますが、美味しい洋食を堪能できるお店です。

 

 

【欧風レストラン 西洋葡萄】

営業時間  11:30~14:30/17:30~21:00

定休日   火曜日(祝・祭日は営業)

住 所   南陽市鍋田1833-1

電 話   0238-40-3581

 

 

 

 

 

お腹もいっぱいになったところで、少し散策をしてみましょう。

市内には置賜33観音のうち4つのお寺があります。

その中の一つが沖郷の宮崎地区に『28番・日祥山 綱正寺(宮崎観音)』があります。

綱正寺の創建は元和2年。長谷堂合戦・上杉方の武将の一人であり、その後置賜の代官を務め、荒れた土地を自ら開墾するなど人望の厚かった安部右馬之助綱吉という人によるといわれています。安部右馬之助綱吉死去後、跡を継いだ綱正により菩提寺に葬られました。

お堂の歴史は明らかではないのですが、昭和51年に鎮座三百年祭が行われました。

ご詠歌に詠まれている釣り鐘は、文化元年に奉納されたものです。

御本尊は聖観世音菩薩(しょうかんのんぼさつ)で、伝教大師の作と伝えらています。

綱正寺で、ご朱印をもらうことができます。

 

置賜33観音の28番札所です。

 

鳥居をくぐり進みます。

 

お堂です。

 

文化元年に奉納された鐘です。

 

【綱正寺】

住 所   南陽市宮崎827-1

電 話   0238-43-5481

 

 

 

 

最後に訪れたのは、綱正寺の近くにある『嶋屋食堂』です。南陽市役所から車で約8分で到着します。

今回、私たちは辛しみそラーメン、焼きそばを堪能してきました。ラーメン、ごはんものなどがありメニューが豊富でした。

 

黄色い看板が目印です。

 

嶋屋食堂の外観です。

 

辛しみそラーメンです。

 

焼きそばです。

 

店内の様子です。

 

モチモチの麺で、ソースの甘じょっぱさが絶妙な焼きそばと、ピリ辛で奥深い味わいの辛しみそがとても美味しいお店でした。

 

 

【嶋屋食堂】

営業時間  11:00~14:30/16:30~19:30

定休日   水曜日

住 所   南陽市宮崎828

電 話   0238-43-5647

 

 

 

 

沖郷地区は、飲食店が多く和食、そしてラーメン屋まで色々楽しめます。お好みの飲食店を探してみてはいかがでしょうか?

back to top