滞在して楽しむ南陽-南陽でLet'sパワーチャージ-

南陽市雇用創造協議会 Tel 0238-43-4552 / Fax 0238-49-7346

「赤湯温泉」で癒される

赤湯温泉で心と体を癒そう!!

赤湯温泉には3つの源泉があります。今回はその中の『森の山源泉、森の山2号源泉(混合泉)』の成分・効能についてご紹介します。この2つの源泉(混合泉)にはリチウムイオンが多く含まれています。

リチウムイオンの効果は、現代病と言われるストレスや心の病に良いと言われており、心の健康も回復してくれます。

一般的な温泉にもリチウムイオンは含まれていますが、『森の山源泉、森の山2号源泉(混合泉)』には多くのリチウムイオン(※)含まれているため、リラックス効果がより期待できます。

(※)一般的な温泉にはリチウムイオンが0.6mgほど含まれていますが、赤湯温泉の『森の山源泉、森の山2号源泉(混合泉)』には1.6mgと多くのリチウムイオンが含まれています。これほど高い数値は非常に珍しいです。

 

 

赤湯温泉 上杉の御湯 御殿守の露天風呂

 

 

また、メタケイ酸という成分も含まれています。メタケイ酸は毛穴の汚れをとったり、メラニンを分解してくれるので、“ツルツル肌”を実感することができます。さらに、潤いのある肌を保つ働きをし保湿効果があるため入浴後は体が長時間ポカポカです。

メタケイ酸の成分の数値が50㎎/ℓ以上だと「美肌の湯」と言われています。赤湯温泉はメタケイ酸が50.6㎎/ℓなので「美肌の湯」となります。

 

 

赤湯温泉 大和屋旅館の大浴場

 

 

 

『森の山源泉、森の山2号源泉(混合泉)』使用のお風呂

公衆浴場4軒あるうちの3軒
・とわの湯
・赤湯元湯
・あずま湯

(残りの1軒の烏帽子の湯は、湯川原源泉という源泉を使用しているお風呂です。)

 

◆赤湯温泉の全旅館14軒

※旅館については赤湯温泉旅館協同組合のホームページをご覧ください。

 

 

 

赤湯温泉はお風呂に浸かるだけではなく温泉を飲むこともできます。飲泉所は赤湯温泉大通りから少しはずれた所にあり赤湯温泉の『森の山2号源泉』のところにある足湯と併設しています。

足湯(あっこポッポ湯)は24時間ご利用でき気軽に温泉を楽しめます。

 

飲泉所

 

 

【飲泉所・足湯(あっこポッポ湯)】

住 所:〒999-2211 山形県南陽市赤湯482-2

駐車場:普通車3台

 

 

back to top